セカイが平和になりますように

みんな無駄な力を使い過ぎ。国際社会は海千山千な強か者で溢れかえっているので、お人好しも考えものですが…せめて、国内だけでも平和に行きたいものです。まずは、身近な現実生活で、みんなが心穏やかに平穏に暮らせば、良い社会になると思います。今、自分が持っている「こだわり」は、自分が幸せになるために必要なものでしょうか?本当に自分のためになるものでしょうか?幸福になるために不必要なこだわりを持ち続けるのは不幸です。そのために力を使うのは何だかもったいない。精神的にエコな生き方を模索しましょう。

京都アニメーション事件について

事件の概要についてあらためて説明する必要もないでしょう。死者35名にも及んだ戦後史上最悪の放火殺人事件として、後世に渡り永遠と語り続けられることでしょう。それだけ特異な事件でありショッキングなものでした。亡くなられた方の鎮魂と冥福をただただ祈るばかりです。一方で、事件に対して持論を展開する識者の存在も気になります。ニュースでも取り上げられ、ご存知の方も多いと思いますが…大阪芸術大学の教員による心無い評論には、憤慨を覚えるばかりです。その後も、某アニメ監督の言動も物議を醸しています。

たしかに、人々の心を揺さぶる事を生業とする商売には、一線を乗り越えて、制作サイド側に危害を加える等の問題行動に出る者が後を絶たない。他業種と比べ、ある意味リスクの高い側面がある。しかし、防犯はどの業種どの会社も言える課題だ。原因をアニメの作風だけに求める一面的な論評は理不尽だろう。逆に、現実と空想の区別が付いている者の弁とか疑う。大阪芸大の教員にしろ、某アニメ監督にしろ、彼らの評論は「銀行強盗は金を集めている銀行が悪い。だから、銀行員は〇されても自業自得だ。」と言っている風にしか聞こえない。

京都アニメーションは、多くの人々に感動と希望を与える作品を世に送り出したと思う。レア中のレアケースとも言える異質な者の生い立ちや、犯行に至った動機なんか、殺された者にとってはどうでもいい話だし関係ない。常識的に考えても、問題があるとすれば、そういった者を育んだ環境の方だ。大阪芸大の教員は、その後、京都アニメに対する評論ではなく、あくまでも一般論であったと釈明したが…〇薬の売人以下と、死者に鞭を打つような酷評をしておきながらよく言えたものだ。妄想で現実世界の問題を語っても反感を呼ぶだけだ。

by わたしてつや

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。