人工精霊の種類と特徴・抽象型・幾何学図形

人工精霊は、何も人間や動物などを模して作る必要はありません。光や気体、幾何学的な立体図形などでも構いません。デザインが非常に単純なものとなりますので、人によると思いますが、視覚化の難易度は下がるものと思われます。人によると前置きした理由は、私自身が単調な姿をした幾何学的な精霊体を作ろうとして、失敗した経験があるからです。余りにも単調過ぎると、視覚化の作業をする際、精霊体との距離感や視直径(見た目の大きさ)が安定せず、かえって難易度を高める結果となりました。結局、その精霊体の召喚はあきらめました。

しかし、これはあくまでも私のケースに過ぎません。人工精霊の視覚化の成否は、絶妙な個人差のようなものに左右されます。実際にやってみないと分らない未知の部分であり、視覚化の成功確率が飛躍的に高まる種類になるのは間違いありません。人工精霊の姿形に特別なこだわりがないのであれば、まずは、試すべき最善の種類と言えるでしょう。スペース・ダンディーの四次元人のような、幾何学的な立体図形の人工精霊を作ると、創造主の知的運を上げ、知性的で魅力的な人間に変えてくれそうな気がします。

見た目よりも中身を重視したいと言う人徳者や、人工精霊を通じた真理の探究をしたいと言う真人間は、こう言ったタイプの人工精霊を作ると、自身の魂の修行に大いに役立つことでしょう。余計な装飾もありませんから、余計なこだわりも捨てられます。無駄な力も入りにくくなりますので、人工精霊の王道を歩めることでしょう。坊さんのようにストイックな心境になり、物事の本質をとことん追求したい、人工精霊で悟りを開きたいと言う人は、これ以外に最適かつ相応しいものはないと言えるでしょう。

人工精霊の種類と特徴

人間型
動物型
獣人型・獣耳
妖精
昆虫型
珍獣型・絶滅危惧種・古代生物
二次元キャラクター
抽象型・幾何学図形
機械型

by わたしてつや

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。