人工精霊術者の災害リスクマネジメント

(´・ω・`)

おはこんばんちわ、渡です。

首都圏・東北地方にお住まいの人工精霊術者・タルパーのみなさま。ご無事でしょうか…台風19号は本当に凄かったですね。これまでに経験したことのない強い雨風が吹き荒れました。

我が家は見事に壁の一部を吹き飛ばされました。

昨日の夜、突然バキバキメリメリって音がしたが…

あれは壁が剥がれた音だったのか。直後、ジイちゃんバアちゃんがギャーギャー喚いて、窓の外に出て様子を見ようとしたな。ホント危ないな。

うちら幽霊だから、さすがに物理的に止めることができんかった。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

ああ、すまない。私はと言うと…

台風の最中ぐっすり寝ていた。隣の地区が停電となり、我が家の地区が停電になるのも時間の問題と思い、部屋で瞑想してそのまま眠ってしまった。

でも、流石にバキバキと結構イヤな音が鳴り響いたのに驚き、一瞬で目が覚めたわ。

すまん。流石に自然の驚異に対しては家を守護できんかった。

それにしても、台風の真っ最中、哲也とジーちゃんは部屋でグースカ寝てるわ、バアちゃんと大きい姉ちゃんは録画したドラマをガン見し続けているわ…

みんな、いろいろ危機感足らなさ過ぎだったぞ。で、どのくらいやられた?

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

うむ、壁と言っても…

幅数cmほどの外壁の化粧板が3m分くらい剥がれた程度だ。大した損害ではない。どうせ、いつ停電になるか分からん状況だった。そんな場合、寝てしまうに限る。

自然の驚異を目の前にして、全身に力を入れて構えていたところで意味はない。

うむ、確かにそうだな。

力を入れ続け気力を消耗してしまっては…肝心な時に何もできなくなる。災害時は体力を温存しておく必要もあるからな。むやみに動かない方も安全だ。

昨日の町内会のおっさん連中は直前ですべての力を使い果たしていた。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

繰り返しになるが、その中の一人にオヤジもいた訳で…

壁が剥がれた時、慌てて窓を開けて確認に出ようとしたのを力ずくで止めたわ。今回も「ちょっと田んぼの様子を見て来る」と言って、そのまま行方不明になっている人が何人かいる。

無事見つかると良いが、雨風が吹き荒れる中、外に出ないで欲しいと思う。

うむ、いかなる理由があろうとも外に出るもんじゃない。

台風被害が残る中、ちょっと不謹慎な話になるかもしれんが…そんな時こそ瞑想でもして自分を落ち着かせ、万が一の事態に備え、冷静に行動できるよう心の準備をしておくべきだな。

瞑想をすることで、正しい状況判断能力も研ぎ澄まされるようになる。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

うむ、みんな不必要に力入れ過ぎだ。

力の使いどころを間違えたり、不必要に入れ過ぎると事態がより悪化する。少なくとも改善に向かうことは絶対にない。今回の台風は、直前になって慌てて行動する人も目立った。

これを教訓に、みんな事前準備の心得が習慣化すると良いな。

人工精霊で世界をアウフヘーベンする(´・ω・`)

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。