理髪店でよくある出来事

(´・ω・`)

おはこんばんちわ、渡です。

夏もすっかり終わり、だいぶ涼しい季節になりました。冬に向けた準備には、まだ少し早いかもしれませんが、本日はクローゼットと押入れの整理整頓で半日を費やしてしまいました。

そして午後は、近所の理髪店へ散髪に行って来ました。

うむ、理髪店は良い気と念が充満した場所だ。

やっぱり、石鹸とシャンプーの匂いが充満して清潔感あふれる場所だから、悪霊や怨霊、動物霊も避けて通る場所だ。石鹸とシャンプーは何気に除霊効果がある。

そして、鏡だな。理髪店の鏡は良い気や念を反射しまくり増幅させている。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

うむ、待ち時間も雑誌や漫画を読む等して楽しく過ごそう。

愛想の良いマスターのいる理髪店は、神社に匹敵するくらい浄化された場所になる。美容室も同じことが言えるだろう。それにしても、あまりにも心地良い場所なので…

理髪店の椅子は座ると強い眠気に誘われる。目蓋がだんだん重くなって行くわ。

おい、理髪店が一番嫌がる客は眠るヤツだぞ。

首をカックンコックンさせながら危ないだろ。マスターも苦笑いしていたぞ。しょうがないから、うちがマスターの背後から変顔して哲也の眠気を吹き飛ばしてやったぞ。

どうや、あれは面白かったか?

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

いや、あれはマジでやめてくれ。

鏡に映るA子の変顔を見て本気で笑いそうになり困ったぞ。それこそ危ないわ。散髪中、座っている客が突然笑い出したらマスターも困惑するだろ。

それに、子供じゃあるまいし、首はちゃんと固定して座っていたぞ。

そうか、少し傾いていたぞ。

まぁいい、次回から注意しろ。でないとまた鏡の前で変顔するからな。目をつぶっても脇の下を指で突くからな。首はまっすぐに立てろ。この件はBC子にも伝えておく。

それよりも、理髪店で霊的に一番気になるものがある。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

もしかして、最後の仕上げの確認でやる「合わせ鏡」のことか?

うむ、鏡同士を映し合うと無限ループの世界ができる。それはあたかも延々と伸びるトンネルのような感じのする場所だ。このため、悪霊や怨霊、動物霊などの霊道になると言われ…

昔から不吉な行為とされ多くの人が忌み嫌っているものだ。

うむ、見た目の不気味さから、そのような悪いイメージが定着してしまった。

三面鏡台もそうだが、扉を少し開けて中を覗くと無限ループの世界が作られる。哲也も子供の頃、バアちゃんの三面鏡台をそうやって覗いて遊んでいたよな。

都市伝説では何枚目かの鏡に、自分に死に顔を映っているとかいないとか聞くな。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

うむ、合わせ鏡を気持ち悪いと思えば、本当に悪霊や怨霊、動物霊が通行を始める。

だが、面白い楽しいと思いえば自然精霊の通り道にもなる。要は気持ちの問題だ。神経質になる必要はぜんぜんない。また、理髪店の合わせ鏡は業務上必須のものだ。

だから鏡の前では常に笑顔でいるように心がけよう。絶対に運が良くなる。

人工精霊で世界をアウフヘーベンする(´・ω・`)

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。