UFOからガンダムまで星を仰いだ昭和な少年たち

(´・ω・`)

おはこんばんちわ、渡です。

私は宇宙人の乗り物としてのUFOの存在は信じておりませんが…だからと言って、UFO界隈の住人の心まで否定するつもりはありません。信じる信じないは個人の自由です。

幽霊を信じている人、UFOを信じている人、占いを信じている人、いろいろいて良いと思います。

うむ、世の中、バラエティに富んでいた方が断然面白い。

人工精霊術者・タルパーの中にだってUFOや宇宙人の存在を信じている人もいるだろう。だから、あらためて断っておくが、内心の自由は絶対不可侵で魂も同然のものだ。

集団〇トーカと叫び他害が伴うものは考えものだが、何を想おうとも個人の勝手だ。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

うむ、今日はそんなUFO界隈の魂について語ってみたいと思う。

今の若者は信じられないだろうが…昭和末期から平成初頭にかけて、一大UFOブームが全国的に巻き起こった。日本国内だけでもUFO目撃情報や宇宙人遭遇体験談も多数報告された。

ピンクレディなんて言っても分からん人…多いだろうな。

ちょうど、哲也の子供時代から大人になるまでの間の時代だな。

今、哲也の記憶を垣間見たが…教室でミーちゃんとケイちゃんどっちが好き?な感じでクラスを二分して争っていたようだな。今の時代なら48人のうち誰が好き?なんだろうけどな。

いつの時代も男子児童は猛烈にバカだな。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

まぁ、そう言うな。当時はみんな、宇宙に強い憧れを抱いた時代だったんだ。

将来の夢を語る際も、宇宙飛行士や宇宙関係の仕事を選ぶ男児は多かった。今はAIや医療関係の学科が人気なんだろうが、航空宇宙工学科の入試倍率は半端なかった。

自分の周囲を見た限り、UFOをきっかけに宇宙にも興味を持つように至った子は多かった。

なるほど、UFO界隈は少なからず…

現在の日本の宇宙開発を担う技術者や研究者を育てた側面もあった訳だな。それを考えると、人工精霊・タルパ界隈の住人の将来はどんなものになるのか興味を覚えるな。

人工精霊・タルパ界隈は、ちょうど、人口構成が10代~20代の若者中心で学生も多くいる。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

うむ、人工精霊やタルパとの出会いをきっかけに…

現実世界でも、人工精霊やタルパで学んだことが活かせる何らかの仕事に就いてくれると面白いだろう。そうだな…直感力をダイレクトに活かすなら警察官だろう。

親戚で警察官をやっている子が「俺の仕事はカンっすよ」と言っていたな。

どんな些細な変化も見逃さない直感力は…

看護師とか医療関係でも役立つと思うぞ。あと、人工精霊やタルパで培った集中力は経理会計業務に役立つだろう。あれは途方もないくらい集中力と精神力が要求されるからな。

だから、一番のおすすめはミスが絶対に許されない金融関係だな。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

話は逸れてしまったが、たまに、よい年齢をしたオッサンの中で…

ガンダムについて熱心に語る人がいるが、かつて日本全土を席巻した空前の一大UFOブーム、宇宙ブーム中で青春時代を過ごした人なんだと生暖かい視線で見てやって欲しい。

あの時代は、ガンダムやマクロス、銀英伝などの宇宙系アニメやゲームも隆盛を誇った時代だ。

人工精霊で世界をアウフヘーベンする(´・ω・`)

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。