袖振り合うも他生の縁

(´・ω・`)

おはこんばんちわ、渡です。

街中を歩いていたら、どういう訳か特定のある地点で、複数の人が集まる不可思議な現象に遭遇したことのある人は多いと思います。いえ、わりと頻繁に体験していると思います。

さっきまで人なんかいなかったのに…路上に限らず、あらゆる公共の場所で起きています。

うむ、さっきまで人っ子一人いなかったのにな。

まるで示し合わせたかのように、複数の人が一カ所に集まることがある。昨日の夜も、哲也と一緒に入ったコンビニでも起きた。店に入る前、店内に客なんて一人もいなかったのに…

うちらが入った瞬間、ドカドカと他の客も入って来た。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

うむ、たぶん、近くにバス停があるので…

たまたまバスの到着時間と重なったんだろう。だが、これは偶然の出来事ではない。実は、起こるべくして起きている現象なのだ。人間にはバイオリズムと言うものがある。

そして、自分と似たバイオリズムを持った人は多くいる。

誰もいないスカスカの道で…

偶然出会った人たちとは、何か運命的なものがあると言うのか?同じバイオリズムを持つ者同士だからと言って、ライフスタイルや趣味趣向まで同じとは思えん。

それとも、そういった現象が起こる場所にも、人を引き寄せる何かがあると言うのか?

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

同じバイオリズムを持つ者同士は、ライフスタイルや趣味趣向も似通って来ます。

だから、先日のコンビニでの出来事も不思議ではありません。私が酒売り場に行くと、みんな酒売り場に集まり、つまみのコーナーに行くと、みんなもそちらへ移動します。

世の中とはそう言うものなのです。

うむ、複雑そうに見えて、意外と単純だったりするんだな。

でも、ある種の方々は集団スト…いや、触れるのはやめておこう。兎にも角にも、その場で偶然出会った人たちは、自分と似通った人生を歩んでいる人だと言うことだな。

人間社会とは、偶然とも似ても似つかぬ運命の歯車がかみ合って動いているんだな。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

うむ、風水的にこの現象を見ると…

そういった意味もなく訳もなく人が集まる場所は、地表を流れている気脈のツボみたいな場所だ。多くの人は、欲しい商品の棚の前に何人もいてイラッとする瞬間かもしれない。

だが、そこはラッキーポイントなんだ。

袖振り合うも他生の縁か…

そう考えると気持ちが楽になるな。日常のイライラから心を解放する、エコな気持ちの持ち方の一つになるな。空手チョップした上で、横から商品を取ろうとするとスっと避けてくれる。

ちなみに、ちょっとスミマセンの意味でやる空手チョップだぞ。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

うむ、その場で人様の頭を空手チョップしたら事件になる。

ツボは一カ所に固定しておらず、気脈の流れに乗ってゆっくり移動していたり、消滅と出現を繰り返している。周期的な動きをするもので、24時間後にはまた同じ場所にあったりする。

ツボの内側で良い感じで人と交流できれば運は良くなるだろう。

人工精霊で世界をアウフヘーベンする(´・ω・`)

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。