神様と意見が合わないと言う人へ

(´・ω・`)

おはこんばんちわ、渡です。

今週から本館である運の光を再開しようと予定していたんですが…すみません。先週の台風で、家の中や町内会のことでいろいろゴタゴタしていました。

被害がないと油断していた我が家でも、衛星放送のアンテナがやられ修理に手間取りました。

後になってから判明したこと意外と多かったな。

それにしても自然の猛威は恐ろしい。気は吹き飛び、外界の自然精霊はそこらの樹木にしがみついて退避していた様子が感じとれたぞ。しかし、野良ネコたちが心配だ。

いまだに一匹も姿を見かけんぞ。無事であると良いが…

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

ああ、なら大丈夫だ。隣のおばさんが何匹か保護していたよ。

でも、いまだにビクついて怖がっている様子らしい。動物のカンと言うものは侮れんから、まだ油断できんかもな。首都圏はまだ雨も続く。地盤も緩んでいるから斜面は要注意だ。

とにかく、私の住む地域では今も警戒が続いている。

それにしても…

神様と言う存在は、時に無慈悲なものに感じさせてくる。どうしてこんなにも、多くの人が苦しみを受けなければならないのか?この世界は慈愛と無慈悲の矛盾でできているのか…

ときどき、そんな小さな恐怖や畏怖を覚える。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

うむ、この世界は大いなる矛盾で成り立っている。

台風は多くの人の命と財産を奪う恐ろしいものだが…反面、我々の住むこの地球界隈は、まれに見るほど水に恵まれた場所だ。そして、実は世界第5位の農業大国でもある。

台風がなくなると、我々はたちまち喉が渇き、農業や畜産業は壊滅して飢え〇にしてしまう。

うむ、生きるために他の生ける命を奪い肉や魚を食べる条理と同じだな。

自然の恩恵や恵みに感謝しつつ、これらの矛盾を「試練」として受ける以外に道はないのか…なんだか、これをどう受け止めて良いのか悩む。

この矛盾に耐え切れず、ハルクホーガンだかナントカとか言う暴走する人たちが一部いるな。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

肉や魚を食べるのは悪かもしれない。

いや、生きているものを理不尽に〇す訳だから悪だ。この考えを突き詰めると、植物だって生きている訳だから、草花を無下に踏み潰す事すら容易にはできなくなるはずだ。

でも、そうしないと自分自身の生命を維持できない。

生き抜くことも人間道の修行だから。

ますますをもって悩ましくなって来る。シュワルツェネッガーが何かの映画で「神と意見が合わないんで信仰は捨てた」なんて台詞を言っていた気がするが…

素晴らしい人に限って早〇にする傾向があるから、これもこれで悩ましい。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

スピリチュアルや宗教に関心のある人は、必ず、神の存在を疑う日はやって来ます。

この矛盾に納得ができず、無神論者に転向する道もありです。でも、神と決別したからと言って、矛盾自体は解消できません。ビーガンみたいに良心まで破壊しないようお願いします。

この理不尽な矛盾を前にしても、助け合いの精神で克服する事ができるのもまた人間なのです。

人工精霊で世界をアウフヘーベンする(´・ω・`)

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。