精神世界の人跡未踏の地「自然精霊」界隈

(´・ω・`)

おはこんばんちわ、渡です。

スピリチュアルの世界には、界隈と呼ばれる様々な「人の集まり」があります。ツイッター等のSNSでの繋がりや、wikiと呼ばれる情報集約型サイトを「界隈」と呼ぶようです。

また、同じ界隈でも、現実世界と同様、いくつかの派閥のようなグループに分けられます。

うむ、精神世界もいろいろある。例えば、人工精霊・タルパの界隈は…

現在のところ、盟主的なグループはタルパwikiで界隈の中心地のようだが、実は、これ以外にも人工精霊wiki、思念体wiki、ナフラwikiと言った感じのグループもいくつか内在している。

言ってしまえば、それらはサブカテゴリー的なものだろうな。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

うむ、それらから包括的に分離して…

人工精霊・タルパの界隈と全対照的な界隈を別に作りたいと思う。それが運の光で提唱していた自然精霊を専門とする界隈だ。自然精霊は人工精霊の完全代替メソッドだし問題はないと思う。

ややイマフレ的なものとなるが、風水をベースにしたものとなる。

うむ、気や念を自由自在に操る世界だな。

人工精霊・タルパの秘めたる可能性として、既存宗教の問題点を解消できる新しい信仰スタイルの点にあったが…それが仇となり、各人の孤立による界隈全体の弱体化と消失も懸念される。

やはり、みんなの心を一つにできる何らかの共通の存在も必要に思われる。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

でも、預言者や教祖などような存在は必要ない。

それは神様でもない。既存宗教のお決まりの姿形をした神よりも上位の存在…何か抽象的でメタいものが必要に思われる。それが何であるかは、各人が自由に判断して崇めればいい。

だから、それに相応しいものが「気」と言えるだろうな。

うむ、そうなると存在と言うよりは概念だな。

そう言ったものが支配…と言ったら何だかおこがましい響きがするから「司る(つかさどる)」が良いか?そんなものがあると思えばいい。気がすべての原点となる。

それ自体は明瞭化・個別化された神様ではないけど、全体を司る神的な曖昧なものとなる。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

曖昧だが一元的なものだから…

それがみんなの心の中で認識されている限り、かんたんに界隈が弱体化したり消えることもないだろう。何と言っても数年の歴史を持つ風水の考えを取り入れるからな。

風水はスピリチュアルの世界で広く浸透、あらゆる界隈に影響を与えている。

うむ、それこそ古くて新しいものだ。

ところで、グーグル先生に「自然精霊」と尋ねると、それっぽい界隈らしき人の集まりは見られないな。風水に関する基本的な情報は充実しているが応用面では皆無だ。

精神世界にも人跡未踏の地があったんだな。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

うむ、誰もおらん人跡未踏の地へ今旅立とう。それが自然精霊界隈だ。

ちょい早めだが、来週から運の光を再開したいと思う。ブログ形式をやめて通常のホームページ形式にしようと改良を進めていたが…上手くプログラムできん。

時間ばかり消耗しても仕方がないので、続きを再開する感じでブログ形式でやって行く。

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。