法王様、エレベーターに閉じ込められる。

(´・ω・`)

おはこんばんちわ、渡です。

本日、バチカン市国の法王庁で、停電による影響でフランシスコ法王がエレベーター内に25分間も閉じ込められるハプニングがありました。

これにより、直後予定されていたサンピエトロ広場の定例お祈り会には遅刻してしまいました。

うむ、すでに広場に集まっていた群衆に向かって…

遅刻してしまいました。ごめんね。テヘッな感じで謝罪したとのことだ。まぁ、別にフランシスコ法王が悪い訳じゃない。結局、消防隊が駆け付けて救助される形となった。

イタリアも日本と同じく夏真っ盛りだ。エレベーター内で熱中症にならんでホント良かった。

(・-・。)
B子
(´・ω・`)

うむ、もうかなりのご老体だから、その点は心配になる。

停電だから、当然、空調も停止していたものと思われる。クソ暑い中、電力の供給がストップしたエレベーター内はさぞ暑かったに違いない。でも、さすがに法王様は偉大なお方だ。

お祈り会には暑さを微塵も感じさせない爽やかな笑顔で登場した。

それだが…エレベーターに法王様一人だけが乗っていた訳でもなかろう。

お付きの人や配下の聖職者も帯同していたはずだ。25分間も、閉じ込められたエレベーター内でどんな会話をしていたのか気になる。

お互い、もの凄く気を使う感じの会話だったんだろうな。

(・-・。)
B子
(´・ω・`)

うむ、緊張から暑さよりも別の涼しさを感じていたかもしれんな。

法王様が場を和ませようと、ついうっかり、心にもないギャグで口を滑らせ、エレベーター内は非常に気まずい雰囲気になっていたかもしれん。

帯同していた人も、ぎこちない口調でどうにかフォローしようと頑張ったに違いない。

ボケに対してはツッコミが王道だが…

ボケに対してボケるのは高度なテクニックを要するぞ。きっと、緊迫の空気が漂う状況だったんだろうな。停電以前に別の意味で最大の危機を迎えていたかもしれん。

こう言う場合の25分は、25時間と行かないまでも2時間半くらい長く感じるんだろうな。

(・-・。)
B子
(´・ω・`)

うむ、法王様との会話を自然な流れのものにしようと試みるも…

万策尽きて、帯同者の中から「しりとり」を提案したり、どうせ密室状態だからと、この際は過去の一切合切の過ちを正直に告白して、お互いに許し合うタイムになっていたかもしれん。

例えば、法王様の食後のデザートのプリンをつまみ食いした件とか…

銀魂にも何か似たようなシチュエーションがあったと思ったが…

まぁ、とにかく無事で良かった。海外では長時間の停電は珍しくないが、よりによってバチカンの法王庁を30分近くも停電させたのは、さすがに不味い事態だったんじゃないかと思う。

責任者は今頃、肝を冷やしている事だろう。

(・-・。)
B子
(´・ω・`)

うむ、だが日本でも注意した方が良いかもしれんな。

地震の多い地球界隈だから、地震でエレベーターが停止して中に閉じ込められて、熱中症にかかって亡くなった人も実際いる。最新の高層ビルのものは大丈夫だろうが…

真夏の炎天下、雑居ビルのボロベーターに乗るのは危険かもな。なるべく階段を使おう。

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。