孤独な日々が終わりを告げる時

(´・ω・`)

おはこんばんちわ、渡です。以前、C子と話をした時…

ネット空間は精神活動の産物を具現化する世界と言いました。実際、インターネット上には、映像や音楽などの創作に没頭する職人と呼ばれる人達が多くいます。

我々の界隈でも絵描きが多く、タルパを題材にした創作画やCGを多く見ることができます。

ただ、残念なことに…

一部のYouTuberであるが、人工精霊・タルパに関して誤った情報を発信している者がいる。我々の界隈をネタにして茶化すのが面白いらしい。

心霊界隈の住民の振りをして、合成心霊写真を作って喜んでいる輩と同類だわな。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

うむ、本当に残念だ。信じる信じないは個人の自由だが…

この手の輩は中途半端だから、信じる側からしても、信じない側しても迷惑この上ない。でも、当の本人たちはエンターテインメントが趣旨なので悪意がある訳でもない。

だから尚のこと質が悪い。完全否定する人の方が、まだ信念あるだけ好感が持てるわ。

敵ながら天晴と言うヤツだな。

何も知らん人ほど、人工精霊やタルパを糖質だとか多重人格だとか、暴走したら精神科での投薬治療が必要だとか騒ぐ。どういったものかキチンと調べてから否定しろや。

そう言うヤツは現実生活も浅いんだろうな。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

うむ、私はオカルト側の人間だが…

〇槻義彦教授は尊敬している。私も教授同様、UFOに関しては信じていないが、その点で意見が一致しているからではない。教授の信念と態度が素晴らしいと思っているからだ。

信じる信じないに関わらず、信念のない人は信頼に値しない。

あと、これもよくありがちな事だが…

人工精霊術者やタルパーを、バカにしたり気持ち悪がる人がいる。そう思うのであれば、我々の界隈に絡んで来る必要はない。もっと、別の何かをやって有意義に過ごせ。

つまらん人は時間を持て余すが、人工精霊術者・タルパーは一分一秒も時間を無駄にしない。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

うむ、これもついでに言っておくが…

人工精霊術者・タルパーの中には、ネット限定なら大丈夫だろうと、一般人も多く交えたSNS上でカミングアウトしてしまう人がいる。

結果、それまで付き合いのあったSNS仲間が、自分の元から多く去って行ったなんて人もいる。

ネット空間は精神活動の拠点であると同時に…

現実世界の延長上にある空間である点も忘れてはならない。もしも、これが現実世界での出来事であったら、社会人なら大きな経済的な不利益を被るだろう。

だから、現実世界では絶対に触れてはならない。これは、人工精霊術者・タルパーの鉄則だ。

(・-・。)
C子
(´・ω・`)

でも、やっちまったものは仕方がない。ここは前向きに考えよう。

カミングアウトして残ってくれた人は、あなたを信じた信念の人とも言える。去ってしまった人に悲しむよりも、残ってくれた人に感激しよう。

あなたの真の友人、交流すべき人が見つかって本当に良かったと思う。

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。