アニメやゲームもOK!!多くの情報に触れて人の心を学ぼう

(´・ω・`)

おはこんばんちわ、渡です。

自然界に春夏秋冬の季節の移ろいがあるように、人間も喜怒哀楽を繰り返すことで、心を成長させて行きます。人の心を知る事は世界の道理を知る第一歩です。

そのためにも、多くの情報に触れ、たくさん感動いっぱい感激して感性を養いましょう。

うむ、知識だけでは道理は理解し得ないからな。

知的クールぶって、人様の心を平気で踏みにじるヤツは本当に多い。つい先日も、大阪芸術大学の教授が、京都アニメーションの事件に関して、想像の斜め上を行く評論をして物議を醸した。

なんでも、アニメを通じて偽物の夢を売っていた報いだと京都アニメを酷評した。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

そんなことはない。私は本物の夢を売っていたと思うぞ。

多くの人に夢と生きる希望と与えてくれたと思う。京都アニメーションで働いていた人達に何の非もない。もちろん、会社としてセキュリティや火災の面で問題はあったと思う。

しかし、防犯だとか防火は一般論だ。この件で、作品まで否定される謂れは微塵もない。

うむ、犯人が犯行に至った根本原因は別の問題だ。

犯人を生み出した社会的背景や土壌の方を分析すべきところ、京都アニメの作品の作風が招いた悲劇などと意味不明な妄言を述べた。この大学教授、哲学の教授らしいが…

普通に頭おかしいわ。現実世界と精神世界の区別が付いていないんじゃないか?

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

うむ、原因は100%現実世界の方にある。

この大学教授は、中学高校時代における青少年を取り巻く生活環境と、それにアニメが与える影響を関連付け、因縁をツケるヤーさんのごとく、京都アニメを糾弾した。

いやいや、普通に考えても、京都アニメにではなく、学校教育の方に警鐘を鳴らすのが筋だろう。

この手の事件が発生すると、いつもアニメやゲームに批判の矛先が向けられる。

見当違いも甚だしい。だいたい、この手の事件でこう言った批評をする人は、大学や学校教育関係者が多い。根本原因は自分たち側の土壌にあるのにスケープゴートだわな。

アニメやゲームも、文芸やもろもろの芸術作品の延長線上にある同じ精神世界の産物だ。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

うむ、アニメやゲームがダメと言うなら…

小説や漫画、ライトノベル等の文芸活動、アニメ以外のすべての映像作品、音楽は当然ながら、各種のデザイン、その他一切の芸術作品もダメと言う風潮に繋がりかねん。

極端かもしれんが、社会が映画「リベリオン」に描かれるようなディストピアになってしまう。

文学や芸術、映画や音楽、すべての創作活動を禁じた社会を描いた映画か…

犯罪やもろもろの社会問題は、人間の感情が原因で発生するものだから、感情を揺さぶるものを一切禁止した社会か。音楽を聴いただけで逮捕されるなんてすげーな。

感性を育んだ社会こそ、あらゆる意味で高度な文明に発展すると思うけどな。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

少なくとも、私はアニメやゲームは現代の芸術作品だと思っている。

大の大人がアニメやゲームなぞと眉をひそめる人もいるが、それだけに埋没してしまうのが悪いのであって、精神的にバランスの取れた情報摂取であれば問題ない。

逆に、アニメやゲームと無縁だった人は、どうも人間味が乏しい気がするわ。

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。