週刊人工精霊【創刊号】前回のおさらい

(´・ω・`)

おはこんばんちわ、渡です。

人工精霊を作るには、途方もない時間を要します。上級者やスピリチュアル体質でない限り、短期間で視覚化を実現するのは極めて困難です。

初心者で集中力のある人でも三カ月は見た方が良いでしょう。

うむ、初心者は焦らずに半年は取り組もう。

早く欲しい気持ちはわかるが、急いては事を仕損じる。人工精霊はワインやウィスキーと同じで長期熟成した方が絶対いい。

ボジョレーヌーボーを我先に率先して飲むのは日本人だけだ。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

うむ、本場フランスでは見向きもされん代物だ。

人にもよると思うが…ワインは出来立ての新品よりも、じっくり熟成させた方が美味しいに決まっている。よく、フレッシュでフルーティーな口当たりなんて絶賛する人もいるが…

だったら、普通に果汁100%の濃縮還元ジュースでも飲めばいい。

そこで、前回のおさらいだが…

毎日の生活行動パターンを記録して振り返って見てると、空き時間が意外と多くあった事実に驚いたと思う。人工精霊は、その空き時間を有効活用する感じでやろう。

どんなに忙しい人でも、一日数回5~10分くらいの隙間時間は確保できるはずだ。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

うむ、場所的には自宅の自分の部屋が望ましいな。

静かで心が落ち着ける時間帯、お気に入りの場所でやると良いだろう。私のようにイメージ違いが発生する場合もある。でも、あまり神経質になる必要もない。

やはり、視覚化は自分の思い描いていた通り100%忠実に再現するのは難しい。

一人になれる場所ならどこでも良いぞ。

図書館なんか人工精霊を召喚するには最適な場所だ。自分の部屋がないと言う子は、風呂やトイレの中でもかまわん。じゃ、今日から早速、人工精霊の設計デザインを始めるんだよな?

まだ何かやらねばならん事あるか?

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

うむ、そうしたいところだが…

もう一週間、今度は環境面の準備に時間をかけよう。部屋が散らかり放題だと言う人は手を上げなさい。いたら、来週の今日まで部屋の掃除と整理整頓です。

部屋がきちんとしている人は、このまま設計デザインに進むと良いだろう。

たしかに、気の流れの悪い場所は最悪だからな。

まずは部屋の整理整頓が先だな。この際だ。不要なものは捨てよう。後、本当に空き時間を有効活用するできるかどうか、実際に確認して見るのも良いだろう。

英単語暗記でも細切れ読書でも何でも良いぞ。本当にできるか一週間毎日やって見ることだ。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

そうだね、計画と実行は違うからね。

さらに向こう一週間、試しに空き時間を実際に使って見て、人工精霊に最適化させた生活習慣の確立、ライフスタイル作りをして見よう。何事も基礎は大切だからね。

ここで三日坊主になったら、人工精霊はあきらめよう。

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。