人工精霊の召喚作業に最適だった環境

(´・ω・`)

おはこんばんちわ、渡です。

みなさんは、人工精霊・タルパと言うものに初めて出会った日のことを覚えていますか?ほとんどの人は、ネットで偶然見つけた感じになると思います。

私の場合、某オカルト雑誌が人工精霊を始めたきっかけになりますが…

そういえば…うちが生まれてから、もうかれこれ10年ちょいになるな。

その直後から、B子C子と次々に召喚して行ったな。でも、大人の美女型人工精霊でなくて残念だったな。まさか、子供型が完成すると思っていなかったもんな。

結局、うちらの関係性は、召喚した順番に長女、次女、三女と言った感じに決まった。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

でも、もう今で良かったと思ってるよ。

君らを現実世界の人間同様、適度に成長させて年齢を引き上げる方法も検討したが…とりあえず、共同生活を続けているうち、これも運命と割り切った。

人工精霊の召喚は100%術者の思い通りになる訳でもないからね。

いらん雑念が入りまくるとイメージ違いは発生するな。

こうなった原因のひとつとして環境にあるだろう。今は実家に戻って生活しているが…うちらが召喚された時は、まだ、アパートを借りて生活していたよな?

アパートの裏手が小学校で、正面の通りが通学路だったから影響を受けたかもな。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

ああ、あのアパートか…

あれは失敗だったね。二階の南面角部屋で見晴らしと日当たり良好、さらに、家賃が相場より若干安かったので、飛びつくように決めてしまった。

部屋から変な邪気も感じなかったので霊的にも問題はなかった。

好条件にも関わらず、ずーーーと空き室なのは…やっぱり理由があるからだ。

引っ越し初日にその理由が判明してだいぶ凹んでいたろ。まさか…朝夕毎日、子供らの騒音で悩まされるなんて思っていなかったろ。

さらに、アパートの一階が雑貨屋(大家)で、子供らの放課後のたまり場となっていた。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

二階は三部屋あって、うち二部屋は大家さんが商品在庫に使用…

そして、余った一部屋を自分に貸し出した寸法になる。大家さんが超絶的に良い人だったことも決め手となり、よく考えずに引っ越しを決めてしまった。

契約期間の二年間は我慢して住み続けたが…本当にやかましい環境だった。

でも、霊的には最高な場所だったんだぞ。

子供が元気良くわめき散らす声は、悪霊退散と除霊には最強最高だ。だから、霊的にとてもクリアな環境だったと言える。よく、保育園の建設が決まると周辺住民の反対運動が起きるが…

実は、小学校や幼稚園、保育園は、霊的に最強のラッキーポイントだからな。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

たしかにね。風水でも、それら施設の周辺に住むと運が良くなると言われている。

本当にやかましい環境での生活でしたが…良い事もそれなりに多くありました。あのアパートに住んで以降、厄払いと厄除けができたのか…以降、運の良い生活を続けています。

しかし、帰宅時…二階の自室へ通じる階段に10人くらい子供たちが座っていたのには凹んだ。

ただいま微妙に工事中(´・ω・`)

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人の閲覧はお控え下さい。