人工精霊の服装と装飾品

(´・ω・`)

おはこんばんちわ、渡です。

もしも皆さんが、たった今から〇ぬとしたら…あの世はどんな場所なんだろう?来世は一体どうなるのか?これはわりと気になる部分だと思います。

でも、慌てて〇なないで下さいね。とにかく、長生きをして現世を楽しみましょう。

なんだよ、いきなり〇後の世界について語り出すなよ。

今日、何かあったのか?人間は心境に大きな変化があると、不意に〇を認識するらしいからな。ところで、やっぱり哲也も〇は怖いか?

でも、安心しろ。哲也の〇後もうちらは憑いていくぞ。実は、徐々にタルパ化している。

(・-・。)
B子
(´・ω・`)

マジか…でも、そうじゃないんだ。

今日、仕事の帰り道、商店街の中を通ったんだけど…服屋のショーウィンドウなんか見ながら、フラフラとほっつき歩いていて思ったんだ…物質と霊質についてね。

先週末、C子とマルエツへ買い物に行く前、会話した内容の続きと言うか考察ね。

哲也、もしかして…

座った人はもれなく近日中に〇んでしまう椅子にでも座ったのか?それはどこにある?今すぐ破壊して来い。うんなもの気合を入れてメチャクチャに叩き壊せばよい。

とりあえず、霊的危機は回避されるだろう。

(・-・。)
B子
(´・ω・`)

違うよ。服だよ。服。

君らの来ている服は、封神演義や十二国記の登場人物が着ていた服を参考に、デザイン・設計プロセスで妄想して反映させたものだけど…今のままで良い?

現代風のものを着用したいと思わない?

別に今のままでいい。

同居している大きい姉ちゃん(自分妹)が、若い時に来ていた服をたまに借りてるがな。サイズは少し大きいが、たまにそれで気分転換している。セーラー服の姿には驚いたか?

その話と〇後の世界の話と何の関係がある?

(・-・。)
B子
(´・ω・`)

いやね、〇ぬ時って…

あの世に期待を膨らませるのもいいんだけど、意外な問題として服装がある。人間は〇んだ時に着ていた服や、身に付けていたものを、霊質として〇後の霊体に引き継ぐ。

パジャマ姿は嫌だな…と思って。

うむ、家族がいれば〇装束を着せて貰えるが…

哲也は独身だからな。どうして結婚しなかった?こういう場合、子がいないと大変だな。風呂場で心臓発作でも起こして孤独死したら全裸であの世へGOだ!!恥ずかしいな。

でも、安心しろ。その場合、服はうちらが用意する。三途の川の手前で着せてやる。

(・-・。)
B子
(´・ω・`)

うむ、全裸であの世へ旅立ちたくないからな…

万が一の時は、自分の部屋のクローゼットにかかっているスーツとワイシャツとネタクイを…霊質に分離して持って来てくれ。やっぱり、自分はスーツ姿でないとイヤだ。

あと、パンツもお願い。

ただいま微妙に工事中(´・ω・`)

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人の閲覧はお控え下さい。