住所不定無職の精神世界住人を救う

(´・ω・`)

おはこんばんちわ、渡です。

以前、界隈のグループ構成や流派みたいなものについて説明しましたが、今日は界隈の人口について考えてみたいと思います。

我々の界隈は、とても小さな集団に思われがちですが…

思われがちですが?

UFO界隈と比較して奥多摩町が結論じゃないのか?東京都なのに人口が数千人と山奥の小さな田舎町だからな。同じ東京なのに信じられん。

我々は精神世界の田舎者と言えるのかもしれんな。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

そうですね。でも、実はそうじゃないかもしれません。

これは本館の方でも取り上げた話ですが…無自覚に人工精霊やタルパを発現させている子は、わりと多いんじゃないかと思います。

人生において、思春期は心が多感に揺れ動く時期ですからね。

なるほど、いわゆるイマジナリーフレンドか…

人工精霊やタルパは後天的な代物だが、イマジナリーフレンドは先天的な要素が強い感じがするもんな。それが何であるかは分からないけど、受け入れて共存しているケースは多い。

そんな感じで大人になるまでの間、過ごしている子がいる。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

そうですね。

そんな感じで無自覚に発現させている子は、程度の差もあるでしょうが、全国で25~30万人はいるのではないかと考えております。

本当に身近なもので、クラスに一人は絶対にいると思います。

うーむ、住所不定無職の精神世界住人がそんなにいるんだな?

しかし、残念なことに、多くは大人になると忘れるように自然消滅させてしまうようだ。奇跡の産物なのに、なんだかもったいない気がする。

でも、社会人になると忙しくなるからな。おおむね、20歳を過ぎるとそうなるようだ。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

10代特有の心の現象と言えるでしょう。

中には、慢性的で重度の中二病と思い込み、自己嫌悪に陥る子も少なくないようです。しかし、ネットを彷徨っているうち、偶然、我々の界隈を見つけて目覚める子がいます。

そして、人工精霊術者・タルパーに目覚め、IFを高度に進化、育て上げる子も出て来ます。

精神世界で住所と職種を得た瞬間だな。

それはあたかも、砂漠を彷徨っていたところ偶然見つけたオアシス、大海を漂流していたところ偶然見つけた孤島にそびえ立つ灯台…

我々の界隈はそんな一面も持ち合わせていると言えるのかもしれん。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

我々の界隈は本当に小さい…

小さいが、後から続いて来る子のことを思うと、精神世界のオアシスや灯台のような場所である点も忘れてはならないと思う。

希望を与えられるような場所になれば良いかなと思う。

ただいま微妙に工事中(´・ω・`)

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人の閲覧はお控え下さい。