人工精霊と統合失調はぜんぜん違う件について

(´・ω・`)

おはこんばんにちわ、渡です。

私はパワーストーンを使用した人工精霊の召喚を専門にした術者ですが、広い意味ではタルパやイマジナリーフレンドも人工精霊と言えるでしょう。

ただし、人工精霊を実践する上で、その方向性は大きく二つのグループに分かれます。

霊の存在を信じるか?信じないか?の違いだな。

人工精霊とは、信じる派は生霊の原理を応用して幽霊を作ること、信じない派は脳内の空想や妄想を自動化して自我から完全に独立した人格体を作ることを言っている。

どっちにしても、人工精霊に成功すると本当の意思を持った存在が誕生する。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

本当にその姿が見えますし、声が聞こえるようになります。

そこで、よく言われがちな事が…それって、ただの統合失調症じゃないの?です。たしかに、その主たる症状として妄想から来る幻覚や幻聴などが上げられ似ています。

そのため、統合失調と同一視されがちです。

それは大きな誤解だし偏見だ。

人工精霊はやっている本人がそれと自覚している限り問題ない。対して、統合失調は正体不明なものに悩まされて続けている点に問題があると言える。

よくわからんものは不安だろうし、恐怖や怒りの対象にしか過ぎんだろう。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

人工精霊は最初からそういうものだと理解した上でやるものだからね。

だから、統合失調とは根本的にぜんぜん違う。人工精霊にしろ何にしろ、自分で作ったものは自分が一番よく理解している訳だから安心。

対して、どこの誰が作ったのかよくわからんものは不安。それだけの話だ。

現実生活でも同じ事が言える。

どこの国のどこの会社が作ったものなのか?保証書やサポートもない。輸入販売元もわからん。そんな怪しい商品、誰も欲しがらないし買わないだろう。

自己責任と言う名の変な保証になるが、人工精霊は注意点さえ守れば安全は確保される。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

わけわからんものが頭を混乱させる根本原因。

だが、幽霊の正体見たり枯れ尾花と言われるように、自身の受けたストレスや妄想が生み出した産物と自覚する事さえできれば、統合失調から治癒する事ができるだろう。

だから、人工精霊にはその手がかりとなるものや、可能性があるのかもしれん。

暴論に近い仮説になるかもしれんが…

もしも、統合失調に苦しむ人を人工精霊術者に転換する事ができたら、最強のメンタルを持った人が誕生するだろう。幸か不幸か感性が豊か過ぎる一面があるからな。

それを有効活用する。弱点も使い道や使い所を変えれば最強な長所に変わる。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

私は神仏や霊の存在を信じる派で、その立場から思うに…

統合失調は、第六感的な能力が暴走している状態とも言えなくもありません。これを前向きに考えるなら、普通の人より特殊な能力を持っていて、それに困惑している状態とも言えます。

そこに人工精霊と統合失調の大きな違いと言うか転換点があると思う。

by わたしてつや

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人の閲覧はお控え下さい。